最近チェックした商品

ランキング


製品の使い方・資料のご案内



営業カレンダー

2016年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2016年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

トレッキングポール・マウンテンステッキの選び方と使用方法


最近山に行くとマウンテンステッキを持っている方がとても多くなってきました。種類が多くてどれを選んで良いかわからない方に参考にしていただければ幸いです。
また便利で効果的な反面、使用方法を間違うと事故にもつながります。この説明がすべてではありませんがご注意の上ご使用ください。

トレッキングポール商品はこちら→
 

ステッキの種類


マウンテンステッキにはグリップの形状が I 型(スキーのストックのようなグリップ)T型(一般的な杖と同様のグリップ)の2種類に分けることができます。

*T型:一般的に一本を片手に持って比較的荷物が軽く、あまりハードではない山行に歩行時のバランスと下降時の膝への負担軽減する目的で使用します。

*I型:T型と同様に一本でも使用できますが、2本使用することでバランスを取りやすく、推進力が得られますので荷物が重い場合も有効です。

一般的にアップダウンが少ない長距離や特に下り時の膝への負担軽減に有効ですが2本の使用はある程度の慣れと体力も必要だと思います。(2本で約600g)。
スキーやスノーシューのストックとしても使用できますので用途は幅広くなります。

T型とI型の両方の利点を合わせ持ったステッキもありますので、登り下り共にステッキの活用範囲が広がると思います。
 

ゴムキャップの取り扱い


ステッキの先端にはゴムのキャップ(石突プロテクター)がついています。
T型には大型のキャップ、I型には簡易式のキャップが予め取り付けられていますが本来の目的は電車の社内等の移動中に危険を防ぐ為に使用するものですので、山で使用する場合には外して使います。

但し、自然保護のため木道や自然を傷つけるような場所ではゴムキャップを付けるか、使用を控えるのがマナーだと思います
アプローチのアスファルト道では道路を傷付けますので、この場合もゴムキャップを付けるか、使用をお控え下さい。

I型の付属品は危険防止のキャップですので、ゴムキャップ付けたままご使用される場合にはT型の付属品(1個200円)を別途お買い求めください。
 

ショックアブソーバー


弊社取り扱いのステッキには全種類共スプリング式のショックアブソーバーを内蔵しています。下りや転倒しそうになった時などで急激な衝撃を吸収しますので、手首や腕、肩の関節などへの負担を軽減します。

スプリングの強さは衝撃時に動作する仕組みですので、通常の負荷ではスプリングは動きません。ある程度体重をかけた状態で沈み込むのが正常な状態です。

スプリングの無い商品よりは若干重量が増しますが、効果を考えると必要な機能と思います。
(時々使っている時にショックアブソーバーが動かないと言われる方もいらっしゃいますので念のため)
 

サイズ調節の構造


シャフトを引き抜くと先端にプラスチックのストッパーが内蔵されています。

シャフトを時計回りに回すことによってプラスチックが外側に開いてロックする機構ですので、内部に錆止めや潤滑剤等を使用するとロックができなくなりますのでご注意ください。

また収納時には反時計回りに回してロックを解除して縮めますが回し過ぎるとプラスチックがねじ山から外れることがあります。
その場合にはシャフトを一番短くなる方向に押し付けながら時計回りにまわしてください。

それでもねじ山に噛まない場合はシャフトを引き抜いて先端部分をねじに少しだけ噛ませて元に戻します。
 

ご使用の注意点


登山中には色々な場所を通過します。
特に痩せた尾根や岩場などの両手が必要な場所もありますが、そんな時ステッキは非常に邪魔で危険です。
面倒かも知れませんが、ザックに取り付けるか中にしまうようにしましょう。
 

ストック? ステッキ?


ストック=stock(ドイツ語) ステッキ=stick(英語)
どちらも同じ意味ですが、一般的にはストックはスキーのストックのようにI型の形状のものを、T型の杖をステッキと呼ぶ場合が多いと思います。
 

ステッキの調整方法と握り方


長さを合わせてシャフトを矢印の方向に回してロックさせます。ゆるめる時は逆に回します。調整は必ず素手で行ってください。手袋をはめたままですとゆるんでいることがあります。緩んだ状態では力が加わった際に突然縮むことがありますのでご注意ください。 T型ステッキの握り方です。ステッキの長さを登りでは短く、下りでは長めにして使用します。
ステッキは手袋をはめて使用すると負担が軽減されます。写真の手袋も販売しております。
T型ステッキで登りの際に長さを調整せずに使用する握り方です。(個人的な見解ですので悪しからず...)
I型ステッキの登りと平地での握り方です。ストラップに手を通してからグリップを握ります。 I型ステッキの下りでの握り方です。手のひら部分でグリップ上部を上から押さえるようにして握ります。 T型I型兼用ステッキの登りでの握り方です。ストラップに手を通してからグリップを握ります。
   
T型I型兼用ステッキの下りでの握り方です。ストラップに手を通してからグリップを上から握ります。    


ステッキのお手入れ方法


山行後はシャフトのロックをゆるめて上記写真のように分解し、泥やほこりを軽く水洗いしてください。
水分を拭取ったら陰干しをしてしっかり乾燥させてください。そのまま放置しますと錆や泥でロックが効かなくなります。
錆止めや潤滑剤等のご使用はロック不良の原因となりますのでご注意ください。

トレッキングポール商品はこちら→

 

各製品の使い方・資料のご案内

◆登山・キャンプ用品

トレッキングポール・マウンテンステッキの選び方と使用方法

アイゼンの選び方

10本爪アイゼン取り付け手順

ライトスパッツ装着方法

ライトスパッツ予備ベルトの交換方法

ザックカバー背面カバー付き 各部分の説明

ザックカバー背面カバー付き 取付方法

ザックカバー背面カバー付き 素材について